教育に介護 汝の敵愛せってエホバサタン許さないじゃないか

結婚

教育に介護 汝の敵愛せってエホバサタン許さないじゃないか。もしも、サタンが心から悔い改めるならば、エホバは惜しみなく許されるはずです。エホバの証人さんへ 汝の敵愛せって、エホバサタン許さないじゃないか 「汝の敵を愛せよ」。また。自分の兄弟にだけあいさつしたからといって。どれだけまさったことを
したのでしょう。異邦人でも同じことをするではありませんか。 この聖句は
イエスキリストが語った。「山上の垂訓教育に介護。キリストの言葉としてよく知られている「汝の敵を愛せ」。一般には博愛主義を
説いたものと思われているが。実はそうではない。??????????????。会にくわしく話したいのですが。愛せないから敵なのであって。愛せたら。もは
や敵ではありません。「汝の敵を愛せ」「汝の隣人を愛せ」。こうしたイエスの
言葉 がまあ。キリスト教の標語のように。まかり通っているのですが。ことわざ

汝の敵を愛せ:Dangerous。私たちは。死を受け入れることだけでなく。臨終の喜びをも理解できるのでは
ないか? リンギスは。異邦の土地での日常生活から生じる強烈な体験から。理性
を出しぬき凌駕する情動や熱情を描きだす。汝の敵を愛せよ。党は性能の遅れか失敗のために責任 を 負 う べきではない この一致の部分のお金
を支払 う義務以外遅れまたは 性能の失敗は珍しく悪天候。洪水。火。電光と
関連している。 伝染病。検疫の制限。戦争。サボタージュ。公 共 敵の 行 為 。
地震。「汝の敵を愛せよ」はやはり難しい。レジリエンス研修講師,ポジティブ心理学コーチの松岡孝敬です。月に入り,
今年もか月を切りま私は,歳から歳にかけて,とても辛いトラウマを
抱え,そのトラウマが解消できるのではないかとの思いさらに,渡辺先生は,
加害者を許さない,愛さないといった自らの敬虔なクリスチャンとしての罪をも
大局的に赦されていると感じました。汝の敵を愛せよ」とは,自分自身の内面
に生じた相手に対する敵愾心を受容し,赦し,愛せという意味なので

洛北出版。汝の敵を愛せ アルフォンソ?リンギス 汝の敵を愛せ 中村裕子 訳/田崎英明
解説 発行元 。 洛北出版/発売元 。 松籟社 四六判仕事や理性の領域が崩れた
とき。私たちは。不安とともに。喜びに満ちた興奮や恍惚感を感じるのではない
か?

もしも、サタンが心から悔い改めるならば、エホバは惜しみなく許されるはずです。それと、「敵を愛する」というのは、親愛の情を持つようにという意味ではありません。ギリシャ語の「愛」には4つあります。友情の「フィリア」、肉親に対する「ストルゲー」、異性への「エロス」、そして、無私の愛「アガペー」です。聖書で最も多く説いている愛はアガペーです。敵への愛も、このアガペーです。「あなたを憎む者が飢えているなら,食べるパンを与えよ。もし渇いているなら,飲む水を与えよ。」箴言25:21この聖句が示しているように、困っている人がいるなら、相手が敵であっても、人として助けなさいという意味です。エホバ神は、ご自分に反逆したサタンに対して、即、滅ぼすこともできましたが、サタンの主張を証明する機会を与えて辛抱してこられましたから、そういう意味ではサタンにでさえも憐れみを示しておられます。そうですね。エホバは、器が小さく非寛容ですから。その通りです。エホバはサタンを許されたりはしません。エホ証の出版物には、↓聖書によれば,悪魔も,常習的に罪を犯してきたため,その前途には滅びしかありません。ヨハネ第一 3:8。啓示 12:12↑とはっきり「悪魔サタンの前途は滅びしかない」と書いてありますね。それはサタンが[許されない罪]を犯したからですが、驚いたことに、こんな発言をしている自称エホバの証人がいますよ。↓もしも、サタンが心から悔い改めるならば、エホバも惜しみなく許されるはずです。↑自称エホバの証人の発言。エホ証の聖書理解によると、サタンは元々はみ使いでした。エホバのご意志を知った上での反逆は[許されない罪]ですから、サタンは滅びに定められている訳です。さらに自称エホバの証人さんの、アガペーについての発言もエホ証の信条とは違いますし、エホバがサタンをたちどころに滅ぼされなかった理由も間違っています。可哀想に。サタンは完全体で反逆したのだから「反逆を撤回も」「反逆を悔い改めることも」「道を選び直すことも」しないとエホバの証人は考えています「必然的反逆」つまりエホバ様に従いたくないから永久に従わない道を選んだのですそれなのにエホバ様は無意味な説教を繰り返していますヨブ記1章6節から8節ある日、神の子たちが来て、主の前に立った。サタンも来てその中にいた。 主は言われた、「あなたはどこから来たか」。サタンは主に答えて言った、「地を行きめぐり、あちらこちら歩いてきました」。 主はサタンに言われた、「あなたはわたしのしもべヨブのように全く、かつ正しく、神を恐れ、悪に遠ざかる者の世にないことを気づいたか」。矛盾だらけの無意味な昔話です完全だった時のサタンを許さない…エホバの証人は、不完全な背教者も許しませんね。道で出会っても完全無視。そこに愛なんかないですよね。ただただ組織の都合。背教者から組織の裏情報をバラされてほしくないから。めんぼうさん、サタンが神に対して罪をくわだて実行したのが完全だった時ですのことですからsaiさん、ナイスツッコミです!神がサタンを愛せないのに、私たちがイジワルな人を愛せるわけがない。?Д?汝の敵とは、「汝の個人的な敵」です。神の敵彼らにとっての悪は違います。「愛」とか「赦し」とか色々言っても、敵彼らにとっての悪が神によって撲滅されることを意味してます。「敵を愛せよ」とか、「右の頬を打たれたら左の頬も出せ」などという教えもあります — そして、そこだけが宣伝されます — が、よくよく最後ヨハネの黙示録まで読んでみると、お前を殴ったヤツはいずれ、神の手によって酷い目に遭い、殴られたお前こそが、神の手によって助けられるのだから、今は我慢しろ、という話なのです。ヨハネの黙示録は復讐の書です。「聖なる、真実な主よ。いつまでも裁きを行わず、地に住む者に私たちの血の復讐をなさらないのですか。」額に神の印を押されていない人間にだけ害を加えるように言い渡された。四人の御使いが、人類の三分の一を殺すために解き放たれた。口からは火と煙と硫黄とが出て、人類の三分の一は殺された。 「この世の国は私たちの主およびそのキリストのものとなった。主は永遠に支配される。」「万物の支配者、常にいます神である主。あなたが、その偉大な力を働かせて、王となられたことを感謝します。諸国の民は怒りました。しかし、あなたの御怒りの日が来ました。死者の裁かれる時、あなたの僕である預言者たち、聖徒たち、また小さい者も大きい者もすべてあなたの御名を恐れかしこむ者たちに報いの与えられる時、地を滅ぼす者どもの滅ぼされる時です。」 「行って、神の激しい怒りの七つの鉢を、地に向けてぶちまけよ。」第一の鉢を地に向けてぶちまけた。すると、獣の刻印を受けている人々に、ひどい悪性の腫物ができた。第二の鉢を海にぶちまけた。すると、海は死者の血のようになった。海の中の命あるものは、みな死んだ。第三の鉢を川と水の源とにぶちまけた。すると、それらは血になった。 「常にいまし、昔います聖なる方。あなたは正しい方です。なぜならあなたは、このような裁きをなさったからです。彼らは聖徒たちや預言者たちの血を流しましたが、あなたは、その血を彼らに飲ませました。彼らは、そうされるに相応しい者たちです。」 獣と偽預言者は、硫黄の燃えている火の池に、生きたままで投げ込まれた。残りの者たちも、馬に乗った方[キリスト]の口から出る剣によって殺され、すべての鳥が、彼らの肉を飽きるほどに食べた。「ヨハネの黙示録」6章9節?19章21節ここに書かれている<未来のキリスト>の姿は、人々を剣で殺して行ったり火と硫黄の中に投げ込んで行ったりする軍神「王の王」です。ここの神の「御怒り」は、新約聖書「ヨハネの黙示録」の神です。激しい復讐心にかき立てられて書かれた<復讐の書>です。自分たちの教えに反逆する者は、最終的に殺されて当然、神の目から見て正しい、とする考えは、新約聖書キリスト教の教えそのものです。

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*